住んでみたい!神楽坂に建つマンションに

東京メトロ東西線の神楽坂駅から徒歩で3分~5分。

都営大江戸線の牛込神楽坂駅から徒歩で約5分。

JR中央・総武線の飯田橋駅からも徒歩圏内に、新宿区神楽坂に新築マンション「グランスイート神楽坂ピアース」が、平成27年12月下旬に竣工予定だそうです。

入居予定は平成28年2月末。

正式な住所は、新宿区矢来町76番3と矢来町78番2で、76番3はノースヒルズ、78番2はサウスヒルズの2棟建で、販売価格は未定だそうです。

神楽坂矢来町の大名屋敷跡地で眺望は最高の高台住宅地。しかも、飯田橋再開発の恩恵を受けて将来の資産性は期待でき、山手線のほぼへその位置で3つの駅と5路線を利用できるという利便性の良さは、申し分ありません。

できるものなら、住んでみたい牛込神楽坂駅徒歩5分のマンション「グランスイート神楽坂ピアース」!!

そもそもは、江戸城外堀を守る牛込見附から山手方面へ上る坂の名が、土地の地名になったと言われており、神楽坂という地名の響きには、江戸から明治、大正、昭和、平成と多くの歴史が刻み込まれている、ロマン漂うイメージが強くあります。

明治に入った中頃から商店街ができ、関東大震災を堺に花街として有名な場所になり、現在では、料亭の名残や飲食店が多く、東京理科大学もあります。

神楽坂という名前の由来は、市ケ谷八幡あたりから神楽が聞こえてきていたところだといわれています。

Posted in 不動産・賃貸 | Leave a comment

中古マンションを購入する魅力!千葉市の物件ならココ

http://www.chibafudousan.jp/人の間では時代に合わせて旬やブームが起きますよね。これは住宅市場においても同様に存在しています。例えば再開発が日本全国で一斉に行われていた時には、供給数が多いということで値段が安く、また「新しい物」というイメージがあるため新築マンションが人気でした。

しかし旬が過ぎれば需要も減ります。それがまさに今なんですよね。2008年頃から新築マンションの需要は年々低下しており、デザイナーズマンションや高級マンションなどのように「ウリ」がある物件だけが買われている様な状態です。最近だと太陽光発電が設置された物件が該当するのでしょうか。

そんな中で安定的に需要をキープし、売れ続けているのが中古マンションなのです。日本人は人に使われていない新製品を好む傾向があるため、一昔前までは中古マンションだから買わない!というケースも珍しくありませんでした。しかし意識の変化により、今では中古マンションにターゲットを絞って物件を探している人も多いんですよね。

例えば千葉中古マンションの購入ならあるある情報館という不動産業者が、千葉市では有名でしょう。bayfm(FMラジオ)でもCMを放送していますので、千葉市在住の方などは1度は宣伝を聞いたことがあるかもしれませんね。この「あるある情報館」は中古マンションを専門的に扱っている業者で、リフォームが可能な物件なども用意されています。

一部の中古マンションは、新築物件では難しいリフォームが可能ですので、公式サイトに掲載しているリフォーム事例などを参考に住まいを探してみてはどうでしょうか?千葉市の中古マンションなら最大規模の取り扱い数のようですよ!

Posted in ハウス | Leave a comment

面白そうなサイトを発見

北海道札幌市で「購入したタオルケットに穴が開いていた」とクレームをつけて、パート従業員2人に土下座をさせたあげく、自宅に来て謝罪するという念書を書くことを強要したとして、43歳の女性が逮捕されたという事件がニュースになっています

ちなみにタオルケットの代金は980円で、店側は代金980円を返金し、被害届を出したそうです。

逮捕された女性は、ネット上に土下座をしている従業員の写真を投稿していたというのですから、悪質といえば悪質、趣味が悪いといえばそうですよね。

最近こういう事件多くないですか・・・。

話しをかえましょう。
10月は、近代建築を代表する有名な建築家の1人、ル・コルビュジェが生まれた月です。
ル・コルビュジェは1887年10月6日に生まれ1965年8月27日に亡くなっています。
「機能性と合理性を求め無駄な装飾は排除する」ことを徹底した建築家であり、様々な芸術に精通した総合芸術家でもありました。

岡崎市にある不動産ハウスボカンの考えも似たところがあります。
それは「機能性と合理性を求め」屋上に庭を造ってしまったところ。

ハウスボカンというネーミングだけでも珍しいのに、戸建て住宅に屋上庭園ですからね。
その戸建て住宅のネーミングは「ソラニワホーム」、この名前、「空・庭・家」のまんま、そのまんまですね。

ちょっと面白そうなサイトでした→http://housebokan.co.jp/

Posted in ハウス | Leave a comment